配当方針

当社は、長期的に安定した配当を行うことを重視するとともに、利益水準や配当性向を考慮し、企業価値向上のための内部留保とのバランスをはかりながら、利益配分を実施してまいります。

当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

内部留保資金につきましては、新規出店投資資金や既存店舗の活性化のために効率的に充当し、収益の向上をはかってまいります。

配当金推移

2016年
2月期
2017年
2月期
2018年
2月期
2019年
2月期
2020年
2月期
2021年
2月期
(予想)
年間配当金(円) 第1四半期末 ------
第2四半期末 18.0012.5012.5015.0015.0015.00
第3四半期末 ------
期末 25.0012.5015.0015.0015.0020.00
合計 43.0025.0027.5030.0030.0035.00
配当金額(百万円) 8721,0131,1151,2161,216-
配当性向(%) 18.320.220.621.425.115.9
純資産配当率(%) 1.61.71.71.81.7-

(注)

  • 2016年2月21日付けで普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。
  • 2016年2月期については当該株式分割前の実際の配当金の額を記載しております。